ベビーシッターの歴史を学ぶ

欠かせない適正能力

欠かせない適正能力

ベビーシッターになるときには適正能力が必要で、最も重要なのが子どもへ愛情が注げることです。好きという気持ちが重要ですが、自分や親せきなどの子だけでなく他の人の子どもにも平等に愛情が注ぐことが出来ないと務まりません。色々な個性を持っている子供と接していく中で、こちらの言う事を効かなかったり、心を中々開いてくれない子もいます。そんな場合でもこんな子の面倒は見られないという気持ちは駄目です。
自分から子供へ対して明るくて優しくて心を開いて、愛情を注げる温かい心を持った人が適してます。ベビーシッターは表舞台で活躍するものではなく、舞台裏で活躍するような縁の下の力持ちのような役割を任せられることが多いです。
基本的に保護者から言われたことを行っていかなくてはならず、掃除や買い物、食器洗いなどの家事の手伝いをすることも多いです。目立たない仕事でも進んで行える人で、自分の行動で相手を喜ばせたいと自然に感じられる人が向いているといえます。

ベビーシッターは気持ちを代弁することも重要

ベビーシッターは気持ちを代弁することも重要 ベビーシッターは子どもの気持ちをときには代弁して汲み取る必要があり、そのためにはよく観察することが大切になります。少しの表情や体の動きの変化で心の動きも推測可能で、完全に把握することは難しいですがどんな思いかは推測が出来ます。小さい子どもは素直なのでよく観ることでわかるようになってきて、そこでぴったりのことで代弁します。
例えば、わかりやすいのが食べ物で好物を食べると笑顔で美味しいと声をかけると、それを覚えて表現できるようになります。他にも辛いものなど食べた時も辛いと伝えるとこの言葉を覚えます。
子供が感じているそのタイミングでベビーシッターは代弁することが重要で、ふわふわの物へ触れたときに気持ちよさそうな顔をしているときに、ふわふわなどと言うことで吸収しやすくなります。感じた瞬間に言う方が覚えやすく、後から言うのも悪くはわりませんが、感情や感覚の名前を知っていると思い出して会話することで共感していることになるので良いです。まだ、覚えてないときにはそれを教えられる時が大切です。

Copyright © 2018 ベビーシッターの歴史を学ぶ all rights reserved.